2013年06月12日

今年も木の実不作? モニ1000秩父調査(植田)

本日昨日と,秩父の2か所のモニ1000サイトに行ってきました。

秩父演習林では,前回利用していたすべてのヤマガラの巣が巣立っていました。
巣立ち日は温度ロガーの結果から見ると,去年が早くて多くの巣が6/7-10に巣立ったのですが,今年は6/3が多く,早いものは5/31で,さらに早い巣立ちでした。
秩父は標高が高いせいか,やり直し繁殖はこれまで見たことなかったのですが,今回は2巣,産卵/抱卵中のものがいました。ちょっと驚き。繁殖スタートが早かったからかな?

前回の調査でブナの実がたくさんなっていて,今年は豊作かも,と青山が報告しましたが,どうも豊作ではなさそうです。
虫にやられたのか,ほとんどの実が,もう,茶色くなってます。
この木だけでなく,他の木も。残念ですが,この冬も,住宅地周辺は鳥多かったりして。

buna.JPG


今回も 小鹿野によってカツ丼たべてきました。
覗いた鹿の子というお店,定休日だったようですが,「ご飯あるし…」とつくってくれました。ありがたや。
kanoko.jpg


posted by バードリサーチ at 17:31| 活動報告 | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

志賀高原はいまがピーク,秩父はさえずり下火に

6月に入りました。森林のライブ音源の聞き取り調査の調査地の志賀高原は,今がさえずりのピーク。声が重なってしまい聞き取りが困難なほどです。
反面,秩父では,日の出頃こそ賑やかなものの,日の出をすぎると,サーッとさえずりは不活発に。さえずりのピークを超えてしまったようです。

調査地の,志賀おたの申す平,富士演習林,秩父演習林のさえずり頻度,確認種数をグラフにしました。前者ほど寒冷な場所ですが,その順にピークの時期が違っている様子がうかがえます。秩父でもヒガラなどは活発に囀っているので,各調査地の気候が直接効いているのではなく,それぞれの場所の種構成が影響しているのかもしれません。

live-saezuri.png


各種のさえずり頻度のグラフはこちら
posted by バードリサーチ at 09:42| 活動報告 | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

食べ物が豊富? 丹沢2度目の調査(植田)

ブナの木や 空からウンコ 降りしきる

朝3時,稜線まで登ると,尾根の両側から4,5羽のジュウイチの声が聞こえます。コノハズクも声も。なかなかよい感じ。でも星空にもかかわらず何かがシトシト降ってくる音がする。なんだろう‥‥。

明るくなってきて,わかりました。イモムシのウンコ。これだけイモムシがいれば鳥も食物に不自由しないですね。

そのせいか,はたまた尾根上で遠くの声まで聞こえるせいか,10分間の定点で20種記録できた時もありました。トータルでも今年の調査で最多種数を記録できたかもしれません。

調査終了後は,ライブ音配信の聞き取り調査の調査地の1つの東大富士演習林のマイクの見学をして,さらに富士山でミソサザイのさえずり研究の補足調査に行ってきました。今回はミソサザイの鳴き声が距離とともにどのように減衰していくのかを調べるために,調査をした場所で,再生実験をしました。鳴き声再生時は他に音がない方が良いのですが,そんな時に限って鳥が良く鳴きます。真上まできてホトトギスが鳴きはじめたり,コルリがそばに来たり・・・。「今はあっち行ってて」と思っても行ってくれません。実験はなかなか終了できませんでしたが,かわりに久々にホトトギスとコルリの姿をじっくり見られました。

再生実験のために須走まで行ったので,静岡県のカツ丼をコレクションに加えることができました。ふわふわ卵で,ちょっと親子丼風のカツ丼でした。蕎麦の有名店とのことで,蕎麦はきっとおいしいのだと思いますが,ぼくにはお上品すぎる味でした。

gotenba.jpg
posted by バードリサーチ at 18:20| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。