2012年03月05日

【みにクル】狭山丘陵公園調査3月(守屋)

雨の合間のひな祭りの日に、男4人で調査して参りました。
鳥の気配が随分多くなったと思います。
ツミが鳴いていたり、シジュウカラが囀っていたりと春めいて参りました。
ルリビタキが観察されたのですが、昨年一昨年と1月に観察されていました。かなり遅い登場です。
多摩湖のカンムリカイツブリも繁殖羽の個体が増えてきたかな。

公園内の種数(時間外も含む)は、26種観察されました。これ実は、今までで最も多い種数です。個体数は地点の50m内が85個体、外が73個体でした。
2012Mar-Park.jpg

多摩湖では、種数が増え、久しぶりのカモ。コガモ2羽とマガモ1羽が観察されました。彼らもそろそろ移動の時期かもしれません。カンムリカイツブリ、カワウはほぼ横ばいでした。
2012Mar-Lake.jpg

シジュウカラが10数羽の群れになり地上で採餌、その後さえずりながら高木に移動して分散して行きました。朝方はこういった採餌行動をするんでしょうか?

ツグミは、過去2年と比べた図です。2月は3カ年とも同じぐらい、今年はここからググっと伸びるのでしょうか?
2012Mar-tugumi.jpg

来月は、4/7 6:30からです。お時間のある方はぜひ。


posted by バードリサーチ at 12:01| イベント情報 | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

クロツラヘラサギシンポジウム(3/10)

3月10日 13:00〜16:00
あいらクリーンセンター2F
鹿児島県姶良市加治木町木田5348-26


■第一部  クロツラヘラサギをとりまく現状について
「クロツラヘラサギの生態」 NPO法人バードリサーチ 守屋年史氏
「日本の生息状況と報告」  日本クロツラヘラサギネットワーク 松本悟氏
                日本クロツラヘラサギネットワーク 宮野啓子氏
「営巣地での子育てと周辺環境」  韓国クロツラヘラサギ研究者 Dr.Lee Ki-sup

■第二部  越冬地としての湾奥湿地のあり方
コーディネーター  NPO法人くすの木自然館専務理事 浜本奈鼓氏
パネラー     錦江湾奥湿地クロツラヘラサギ保全協議会事務局 立山芳輝氏
         日本クロツラヘラサギネットワーク事務局 松本悟氏
         NPO法人バードリサーチ研究員 守屋年史氏

詳細はこちら
posted by バードリサーチ at 10:26| イベント情報 | 更新情報をチェックする

サイバーフォレストシンポジウム(2/19)

2012年2月19日(日)13:30〜17:30
東京大学柏キャンパス環境棟5階講義室(553号室)

「サイバーフォレスト」とは、森林環境の保護と利用を進めるために、森林の日々の変化や鳥の鳴き声などを記録するロボットカメラを設置し、記録した動画や音声データをインターネットなどを利用して発信するシステムです。
このシステムを開発した東京大学の研究チーム(東京大学斎藤馨研究室)は、1995年から秩父演習林にロボットカメラを設置し、森林環境のモニタリングを続けています。
また、記録データを近県の小中学生に発信し遠隔授業を行なうなど、教育の場での利用も進めてきました。

今回、さまざまな専門分野のサイバーフォレスト実践者が、ロボットカメラによる記録の取り方、インターネットなどで発信の仕方、そして、データを利用した教育現場への活用方法などを紹介、提案し合うシンポジウムが開催されます。

植田も「研究ディスカッション」で参加

USTREAM中継も行われます。

詳細はこちら
posted by バードリサーチ at 10:22| イベント情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。