2013年05月30日

砂礫地で繁殖する鳥の生態と保全のための研究 鬼怒川2 (笠原)

5月25−29日に、鬼怒川に2回目のチドリ類の分布調査に行ってきました。
雛連れのコチドリやイカルチドリの姿もちらほら。
カラスが近づくたびに、親が盛んに警戒していました。

katsudo130529.jpg

河原の草原でも、キジのペアや親子連れが。
この時期は色々な鳥の親子でいっぱいです。


posted by バードリサーチ at 16:20| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。