2013年04月10日

今年の山の鳥のさえずり状況(植田)

4月になり,毎朝,山から配信するライブ音を聞き取って,鳥のさえずりの状況を調査しています。

その調査からすこし今年の山の鳥のさえずり状況が見えてきたのでご紹介したいと思います。

調査地の1か所は埼玉県秩父のブナ林です。ここでは2011年より聞き取り調査を行なっています。過去2年と比べてみると,昨年よりはさえずり活性が遅く,一昨年よりは早いということで,大体中間くらい。まだ3年目なので,断言はできませんが,平年並みくらいのさえずりの早さなのでしょう。平地で例年になくサクラが早く咲き,ツバメが早く飛来したのと比べると対照的です。

もう1か所が長野県志賀高原。針広混交林です。こちらはまだ2年目で,さらに何とも言えませんが,昨年よりさえずりの活性が高まるのが早い。ルリビタキはもうフルスロットルでさえずっています。

2か所聞いているだけですが,こうした違いがあるのが面白いですね。どうことに由来するのか,見ていきたいと思います。

最新のさえずり状況はこのPDFファイルを随時更新中。ご覧ください。

saezuri2013.gif


posted by バードリサーチ at 13:25| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。