2013年01月26日

中央公園1月26日調査報告

ひと月が経つのも早いもの。
今日は1月最後の調査です。

昭和大池は大分水が減ったものの、凍結面積も少なくカモたちが戻っていました。
カルガモに混じって今朝はオナガガモが7羽休憩していました。
この池では珍しいことです。

カワセミの声がさかんに聞こえてきました。
しかし、姿を確認できませんでした。

植え込みの地上にはシロハラの姿。
今朝はツグミより多く、5羽を確認しました。

博物館の屋上にハシボソガラスのカイト君。
尾と翼の羽がなくなって3年目。
それでも尾羽が少し伸びてきました。
ただ、初列風切の付け根付近が白っぽく見えます。
雨覆が生えないのかもしれません。

kaito_130126.jpg
(尾が伸びてきたハシボソガラスのカイト 撮影:Oさん)

緑の相談所の広場にシジュウカラとヤマガラの群れ。
彼らは地上に降りて餌探しに夢中です。
喉が渇くと水飲み場の蛇口に一直線。
辺りを気にしながら蛇口に溜まった水を飲んでいました。

ヤマガラ130126_2.jpg  ヤマガラ130126_1.jpg
(蛇口に飛来したヤマガラ 撮影:Oさん)

ところで、今朝もウグイスを確認できませんでした。
いつもの冬ならば、5、6羽記録できます。
今冬は寒すぎて動きが鈍く、発見しにくいだけでしょうか。
それとも手入れが良すぎて薮が少なくなったせいでしょうか。
少し気になります。

今夕は「みにクル中央公園」の新年会です。
全員参加予定とのこと。
鳥談義に花が咲くことでしょう。

参加者5人 記録種数23種 記録個体数156羽
次回は2月2日 午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 16:07| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。