2012年04月22日

中央公園4月22日調査報告

どんよりとした肌寒い天気。
心なしか鳥たちの鳴き声が少なく感じられる朝です。
ヒヨドリたちの騒々しい鳴き声も聞こえてきません。
ただ、ヒヨドリたちが少ないわけではないようです。
ケヤキの梢に5羽、7羽と群れてひっそりと採食していました。

集合場所のエナガの巣は、ヒナが孵化していました。
親鳥が虫をくわえて巣へ入っていきました。

シジュウカラはまだ抱卵に入っていないようです。
小声で鳴き交わしながら雌雄で動き回っていました。
雌は、時おりシリシリシリと鳴きながら翼を小刻みに動かして餌を催促していました。
今朝は4つがいの生息を確認できました。

昭和大池のカルガモは個体数が減少していました。
今朝は22羽だけでした。
繁殖のために公園の外へ分散したのでしょう。
公園に残ったカモは雌雄で植え込みへ出入りしていました。
営巣場所を探しているようです。

今日のハイライトはササゴイ。
待ちに待ったササゴイが今年も戻ってきました。
今日が今春の初認です。
昨年の初認が5月7日、一昨年が5月1日でした。
今年は、約10日近く早い初認です。

tyousa_120422.JPG
(声を頼りにササゴイを探す)

昨年の営巣場所のヒマラヤスギの木立へ2羽で飛び込みました。
ただ、この場所は枝が込み入っていて良く観察できません。
今年も巣を探してうろうろすることになるかもしれません。
それでも、これからの楽しみができました。

上空をサンショウクイが鳴きながら北へ通過していきました。
ただ、期待したセンダイムシクイやキビタキは記録できませんでした。
次回に期待して解散。

今日の参加者数:4名 記録種数:19種、記録個体数:106羽
次回は4月28日午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 13:30| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。