2012年03月31日

中央公園3月31日調査報告

天気予報ではあまり芳しくなかったものの、今朝は薄日の射す曇り空です。
今日で3月も終わりです。
庭園の樹木の下にはタチツボスミレが可憐に咲いていました。

sumire_120331.jpg
(ひっそりと咲くタチツボスミレ 撮影:Oさん)

集合場所で談笑をしているときのこと。
オナガが急に一斉に鳴きだしました。
ツミの飛来を予想して上空を皆で注視。
するとサシバが1羽上空を通過していきました。
今春の初認です。

今朝は途中から急に風が強くなり春の嵐を思わせるほどです。
そのせいか記録された個体数も少なめでした。
それでもツグミやシロハラ、ジョウビタキに加えてイワツバメも記録できました。
ただ、前回まで楽しませてくれたアトリの群れが記録できませんでした。
もうこの地を立ち去ったのでしょうか。

さて、中央公園の調査は4月から翌3月が1年です。
今日で2011年度の調査も終わりです。
そこで、記録状況を振り返ってみました。

3月は5回の調査で合計33種を記録しました。
過去2年の月ごとの種数と比較すると下の図のようになります。
2011年度は秋から冬にかけてやや種数が少なかったことがわかります。

種数12年3月.gif
(一月の記録種数の季節的、経年的変動 赤が2011年度以下同じ)

カルガモの一月あたりの平均個体数も秋から冬にかけて少なめでした。
ただ、2月、3月は過去2年と同じになりました。

カルガモ12年3月.gif シジュウカラ12年3月.gif
(カルガモの平均個体数の変動の比較) (シジュウカラの平均個体数の変動の比較)

シジュウカラの越冬期の平均個体数は2009年と2010年の中間でした。
今朝の調査では2つがいと雄1羽が記録されました。
1か所では雄が木の洞に出入りするのも観察できました。

一方、今冬のツグミとシメは例年より少なめでした。
ツグミは2月中旬に一時的に増えましたが、個体数が伸びません。
今日は1羽のみでした。

ツグミ12年3月.gif
(ツグミの10月から3月の10日ごとの平均個体数の推移)

今冬のシメは冬を通して少ないままでした。
例年なら3月ごろは渡去前に枝にとまってさかんに鳴く姿をみることができます。
今朝もまったく記録できませんでした。
そのため、庭園のカエデの種子もまだほとんど手付かずで残っていました。

シメ12年3月.gif
(シメの10月から3月の10日ごとの平均個体数の推移)

来年はどんな1年になるのでしょうか。
楽しみです。

本日の参加者:4名 記録種数21種 記録個体数141羽
次回は4月8日(日)午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 11:50| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。