2012年02月25日

中央公園2011冬のまとめ

今朝はみぞれの降る生憎の天気。
2月最後の調査でしたが止む無く中止です。
悪天候を予想し、昨日(24日)代替調査をしました。
昨日の調査では早くもエナガが巣材を運んでいました。
本格的な春ももうすぐです。

さて、以下に今冬の結果を振り返ってみました。

2月は、4回の調査で28種を記録しました。
種数では12月からほぼ横ばいで、昨冬とほぼ同じ傾向です。

種数12年2月.gif
(3年間の一月ごとの記録種数の変動 赤が2011年度 4月から3月が1年)

主要な種の3冬の記録状況を比較してみました。
カルガモ
今冬は過去2年に比べ少なく推移しました。
2月は毎年昭和大池の清掃の時期です。
面白いことに2月では過去2年とほぼ同じでした。
おそらく、日本庭園や沈床池などの池の収容数が関係しているのでしょう。


カルガモ12年2月.gif  シジュウカラ12年2月.gif
(カルガモとシジュウカラの月ごとの平均個体数の推移 左カルガモ、右シジュウカラ 赤が2011年度 以下同じ)

シジュウカラ
今秋は2009年とほぼ同じ推移をしていました。
しかし、12月以降は2009年と比べるとやや多く記録されました。

カワラヒワ
今冬は、12月中旬のピーク後も2月まで多く記録されました。
2009年や2010年と比較すると大分異なった季節変動です。
ピークが遅かったのは北の地からの飛来が少なかったためかもしれません。
また、アキニレやケヤキの実が当たり年だったために遅くまで居ついていたと思われます。

カワラヒワ12年2月.gif
(カワラヒワの10月中旬から3月の10日ごとの平均個体数の推移)

一方、ツグミ、シメは過去2年より著しく少ない冬でした。
ツグミ
記録数は一時的に増えるものの、長続きしません。
この場所から西に約?の丘陵地では2月以降20〜30羽の群れが記録されています。
とすると、飛来数の少なさだけでなく、公園の食物資源が少ないのかもしれません。

ツグミ12年2月.gif  シメ12年2月.gif
(ツグミとシメの今冬の10日ごとの平均個体数の推移 左ツグミ、右シメ)

シメ
1月以降毎回記録されているもののせいぜい1、2羽です。
こちらは、公園に食物となるカエデの実が豊富にあります。
北の地からの飛来数自体が少ないのでしょう。

嬉しいことに、今冬はアトリが居ついてくれました。
2008年冬期に比べると少ないものの、ケヤキの実を啄ばむ姿が毎回観察されました。

一方、昨年、愛らしい姿を楽しませてくれたマヒワはまったく記録されませんでした。
今冬は、鳥たちの生息状況の年による変動の大きさを改めて目の当たりにしました。
全国的な様子がどうなのか、バードリサーチの冬鳥ウォッチやベランダバードウォッチの結果が楽しみです。


posted by バードリサーチ at 14:36| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。