2012年01月15日

浅川で雄雌調査(植田)

今日,ぶらりと10月末に「みにクル 雄雌調査」を行なった浅川のモズやジョウビタキの様子を見に行ってきました。もうなわばりが固まってしまったこの時期は,秋のように高鳴きしていないので,簡単にはモズを見つけることはできませんでしたが,それでも5羽のモズを見つけました。ジョウビタキは2羽。モズの雄雌比は雄4羽に雌1羽,ジョウビタキは2羽とも雄と,秋と大きな違いはないようでした。秋にいた鳥たちがそのままいるのではないかと思います。
皆さんの周囲のモズやジョウビタキはどうでしょう? ご覧になられましたら,以下より情報お知らせください。

http://www.bird-research.jp/1_katsudo/osumesu/osumesu.html

モズジョウビタキ以外の鳥で,様子が大きく変わっていたのは魚食性の鳥たち。10月にはカワウ,アオサギ,ダイサギがたくさんみられましたが,今回はカワウ10羽,アオサギ3羽,ダイサギ7羽のみでした。高圧線でねぐらをとっているカワウの数も厳冬期にはめっきり減ってしまうので,冬になると魚が減ってしまうのかもしれません。10月には上からでも,たくさんの魚が泳いでいるのが見えた程久保川も大きなコイが数匹泳いでいるだけで,鳥が採れるような魚はみえませんでした。


kawau.gif

高圧線ねぐらのカワウの数の季節変化


また,今年は少ないと話題になっているツグミですが,今日はそこここで見られ,十数羽はいて,例年並みか逆に多いように感じました。ここ数日の寒波で山からようやく下りてきたのかもしれません。


posted by バードリサーチ at 14:33| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。