2013年06月06日

志賀高原はいまがピーク,秩父はさえずり下火に

6月に入りました。森林のライブ音源の聞き取り調査の調査地の志賀高原は,今がさえずりのピーク。声が重なってしまい聞き取りが困難なほどです。
反面,秩父では,日の出頃こそ賑やかなものの,日の出をすぎると,サーッとさえずりは不活発に。さえずりのピークを超えてしまったようです。

調査地の,志賀おたの申す平,富士演習林,秩父演習林のさえずり頻度,確認種数をグラフにしました。前者ほど寒冷な場所ですが,その順にピークの時期が違っている様子がうかがえます。秩父でもヒガラなどは活発に囀っているので,各調査地の気候が直接効いているのではなく,それぞれの場所の種構成が影響しているのかもしれません。

live-saezuri.png


各種のさえずり頻度のグラフはこちら


posted by バードリサーチ at 09:42| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。