2013年05月19日

西丹沢と木曽赤沢へ(植田)

5月17日,18日と西丹沢と木曽赤沢に森林のモニタリング調査,転戦してきました。

丹沢はシカ害で有名ですが,西丹沢はまだシカがほとんど入って来ておらず,5年前の第1回目のモニ1000調査ではシカは見られませんでした。しかし今回はいた。イノシシらしき痕跡も。まだまだ笹がしっかり茂っていて,コルリやコマドリの声は聞かれ,ソウシチョウやウグイスもいましたが,調査地から離れたところには,シカの樹皮剥ぎもみられましたし(おそらく風害とのあわせわざで)笹が枯れてしまっているところもあり,今後がちょっと心配になりました。

sasa.jpg sasagare.jpg
まだ笹がびっしり茂るブナ林(左)と笹の枯れてしまっている場所(右)


続いて行った木曽赤沢はヒノキの天然林です。天然林と言えどやはりヒノキ林。鳥は少ない。
akasawa.jpg

看板には「森林浴発祥の地」とありました。フィトンチッドたっぷりの匂いがして,沢があるのでマイナスイオンもたっぷり。普段の自分と違う人間に変身できた思いがしました。


でも,東京に帰るからには,普段の自分に戻らねばなりません。行ってきました。カツ丼。ちょうど帰り道のそばに町をあげてカツ丼している駒ヶ根がありましたので,寄ってきました。道にはカツ丼の幟が多数立っていて。うれしくなります。
丼の中でカツも立っていました。

akasawa.jpg


posted by バードリサーチ at 08:54| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。