2013年05月11日

中央公園5月11日調査報告

早いもので、5月も10日が過ぎました。
公園の鳥たちは子育てに大忙しです。

今朝の集合場所一帯はエナガの喧騒でなにも聞こえない状態。
先日、巣立ちしたヒナたちが親鳥に餌を強請っていました。

活発に動き回るため数をカウントするのも一苦労。
手分けして数えると少なくとも18羽はいるようです。
2巣のヒナが合流したのでしょう。

この喧騒を聞きつけて?ツミの雄が飛来しました。
低木の周りを飛び回り、エナガが潜む近くにとまって獲物を物色。
近くを人が歩いてもお構いなしです。
我慢できなくてエナガが飛び立つとツミも間髪いれずに追跡。
エナガは上手く逃げられたのでしょうか。

しばらくするとエナガたちはまた煩く鳴きだしました。
群れから離れると次第に静寂が戻ってきました。
街の騒音が気にならないほどです。

コース終盤になると、ササゴイの鳴声が聞こえてきました。
池の上を2羽で飛び回る姿も。
枝にとまった1羽は脚が異様に赤い個体でした。
目先も赤味が増していました。
婚姻色?

ササゴイ130511.jpg
(枝で鳴くササゴイ。脚が赤い。撮影:Oさん)

Kさんによると今朝、枝をくわえて入るのを見たとのこと。
そこで、新たな巣を探すことに。
ほどなく、巣を確認しました。
まだ初期の巣造り段階です。
これで5個めです。

もう1羽さかんに飛び回る個体がいました。
これからまだ巣が増えるかもしれません。

シジュウカラ_幼130511.jpg
(シジュウカラの巣立ちビナ 撮影:Oさん)

集合場所付近に戻るとか細いシジュウカラの声。
成鳥のあとに続いて巣立ちビナ3羽が出てきました。
まだダウンを所々付けていました。
巣立ち直後のようです。

今朝は他に2か所で餌運びを確認しました。
来週はさらに家族群が増えるかもしれません。

今朝の参加者5名 記録種数20種 記録個体数114羽。
次回は5月18日6時30分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 12:22| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

奈良の野鳥ものがたり(トンボ出版)

日本野鳥の会奈良県支部が出した奈良の鳥の変化についてまとめた本です。
ツバメ,サギ類,イソヒヨドリ,カワウ,ヤマセミ,猛禽類,カモ類,ソウシチョウ,コマドリなどについてまとめられています。
こんなに多くの種について変化をまとめられる野鳥の会の支部は他にはほとんどないのではないかと思います。研究活動の活発な奈良県支部ならでは,という感じです。

doc20130510162235_001.jpg
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784887161788
posted by バードリサーチ at 16:41| 書籍紹介 | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

【みにクル】狭山丘陵公園調査5月(守屋)

P5040006a.jpg

この時期しか観察できない種も多いので、夏鳥を見ると得した気分になります。
キビタキ、センダイムシクイ、エゾムシクイに加え、イカル、アカハラ、シメなど
様々な鳥を観察することができました。

なんと、オオルリが初記録でした。記録されていると思ったのですが、されてませんでした。こんな時記録の重要さを思い知らされます。

公園では、25種165個体観察されました。鳥の数が多い印象を受けたのですが、実際記録としてみると4月より個体数は少なかったです。さえずりを多く聞いたので、そのような印象受けたのかもしれません。
2013May-Park.jpg

多摩湖の鳥は、カワウが1羽しかいないとか寂しい話ですが、コチドリが2羽いました今年も繁殖してくれるのではないでしょうか。
2013May-Lake.jpg

今年の冬鳥の傾向を2種から
まずはツグミ、今年は渡来当初が多く徐々に減る傾向でした。昨年の渡来初期にいなくてピークも大きくなかったことに比べると、多く飛来したという印象を受けます。
2013May-NauT.jpg

次に多摩湖のカンムリカイツブリですが、例年になく渡来数が多かったのですが、いなくなるのも例年になく早く4月にほとんどいないという状況でした。
2013May-GCG.jpg

来月は、6月1日 6:00の予定です。
ご都合がよければぜひ。
posted by バードリサーチ at 17:25| みにクル報告(狭山) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。