2013年05月30日

砂礫地で繁殖する鳥の生態と保全のための研究 鬼怒川2 (笠原)

5月25−29日に、鬼怒川に2回目のチドリ類の分布調査に行ってきました。
雛連れのコチドリやイカルチドリの姿もちらほら。
カラスが近づくたびに、親が盛んに警戒していました。

katsudo130529.jpg

河原の草原でも、キジのペアや親子連れが。
この時期は色々な鳥の親子でいっぱいです。
posted by バードリサーチ at 16:20| 活動報告 | 更新情報をチェックする

夜の干潟の音(守屋)

4月中旬から、盤洲干潟に夜間の鳥の鳴き声を録音するため、レコーダーを置いていました。
防水性能、レコーダーのバッテリー寿命・作動、鳥の鳴き声がどの程度とれるかを確かめる試行調査です。

先日5月下旬に回収へ行ってきました。

波に流されず、健気に波に揺れていました。
IMG_2242.JPG

中への浸水はなく、防水も完璧でした。
IMG_2246.JPG

しかしながら、データは2週間分のGW前で止まっていました。無念。

電池パックから電池が一部外れたためでした。しっかり固定しておけばよかった…。
DSC_0631 a.JPG

潮汐の繰り返す力をナメていたようです。再生すると、波に揺られている間はゴツゴツと中で機器が揺られているのがわかりました。

シギの鳴き声もかすかに聞こえます。
バッテリーの寿命も分かったし、トラブルも対応できるので、今度こそはしっかりやります。
posted by バードリサーチ at 14:02| 活動報告 | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

ヤマドリが目についた佐渡のモニ1000調査(植田)

佐渡の2か所のサイトに行ってきました。
島の北側の大佐渡はまだ沢筋には雪が残っていて,サクラも咲いていました。

yuki.jpg sakura.jpg

夏鳥はそろっていましたが,南の小佐渡はサンコウチョウ,北の大佐渡はコルリがちょっと少なめな感じ。今年の夏鳥はちょっと遅れ気味?
両サイトともヤマドリが目につきました。佐渡はよく知らないのですが,去年は全国的に木の実が不作だったので,目につかないなら「冬が厳しくて死んじゃったかな?」と納得いきそうですが,目についたのは,なぜだろう。ちなみに2010年と2012年が目につかず,2011年と今年が目につきました。前冬の木の実の豊凶はやはりは関係なさそう。
ヤマドリの記録はセンサスのデータでよりは林道を車で走っている時の印象の方が良いデータになりそうなので,調査以外の時のそういう状況もデータ化しておくこと必要かもしれませんね

新潟に行ったらタレカツ丼。N津くんに「なっちゃん」という店に連れて行ってもらって,食べました。600円のトンカツ丼と700円のカツ丼がメニューにありました。肉が少し違うとか。これはカツ丼の方
店のおばさん,「味はどうですか」と声をかけてきて,ぼくの丼が空になっているのを見て「ない!」と驚いていました。「のどごしの良いカツ丼ですね」と答えておきました。

nacchan.jpg
posted by バードリサーチ at 20:54| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。