2013年04月21日

砂礫地で繁殖する鳥の生態と保全のための研究 鬼怒川1 (笠原)

18-20日の間に、鬼怒川でイカルチドリとコチドリの分布調査をしてきました。
茨城県から栃木県へと川をさかのぼりつつ、チドリたちを探していきます。

katsudo130421.jpg

↑イカルチドリの雄(向かって右)と、彼の掘った巣を検分する雌(向かって左)です。
二種とも抱卵は観察されましたが、雛連れを見かける機会はありませんでした。

本日21日は雨のため、調査を中止して引き上げてきましたが、
長野をはじめ、東・北日本の多くの地域ではこの時期に積雪を伴う雪になったそうです。
それらの地域の鳥たちの繁殖状況が気がかりです。
繁殖の早い鳥たちは、雪の中で抱卵や育雛をしているのでしょうか…。


posted by バードリサーチ at 14:17| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。