2013年04月09日

砂礫地で繁殖する鳥の生態と保全のための研究 調査中 (笠原)

多摩川にチドリ調査に行ってきました。
砂礫地にたたずんでいる彼らを見つけるのはなかなか大変です。

katsudo130409.jpg

羽村堰周辺では、すでに3羽のヒナを連れた個体が観察されました。
約27日の抱卵期間を考えると・・・3月中旬には産卵していたことになります。
イカルチドリの繁殖は早いです・・・。


posted by バードリサーチ at 15:03| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。