2013年04月10日

ツバメ調査@道の駅「庄和」「ゆめすぎと」

4月からバードリサーチの一員に加わらせてただきました青山です。よろしくお願いします。

昨日は埼玉の道の駅「庄和」と「ゆめすぎと」でツバメの調査をしてきました。すでにかなりツバメが来ており、そこかしこで愛の駆け引きが・・・
まだまだこれから.jpg
ビミョウな距離感の二人。

軒下やトイレに十数〜数十のツバメの巣がありました。
多くは古巣ですが、中には造巣中のものもちらほら。
すでに卵が生みつけられている巣もありました。
ツバメの卵 (2).jpg

今回の調査内容のひとつは、巣の中にボタン型温度計をしかけること。
温度変化で抱卵開始や巣立ちの時期がわかります。
もうひとつは、ツバメの誘導用の人工巣の設置。
人口巣.jpg
なかなかいいかんじです。角度もばっちり!
作成者の小川さん、素敵な巣をありがとうございます。
ツバメは気に入ってくれるでしょうか??

おみやげはもちろんコレ。
ツバメどら焼き.jpg
わかりにくくてすみません、道の駅「庄和」のツバメどら焼きです。
また「庄和」ではこんなきっぷも発行しています。
).jpg
表は普通だけど・・・
庄和のきっぷ(裏).jpg
裏には小川さんのツバメのイラストが!
(私は知らなかったのですが、道の駅ではこういった記念きっぷを販売しているところがあるようです)
ぜひぜひ、みなさんもツバメグッズをさがしにいってみてください。

ご協力いただいた道の駅のみなさま、
トイレの入り口でハシゴにのぼって何やら怪しいことをする人たちを黙認してくださったみなさま(笑)、
ありがとうございました。


posted by バードリサーチ at 14:36| 活動報告 | 更新情報をチェックする

今年の山の鳥のさえずり状況(植田)

4月になり,毎朝,山から配信するライブ音を聞き取って,鳥のさえずりの状況を調査しています。

その調査からすこし今年の山の鳥のさえずり状況が見えてきたのでご紹介したいと思います。

調査地の1か所は埼玉県秩父のブナ林です。ここでは2011年より聞き取り調査を行なっています。過去2年と比べてみると,昨年よりはさえずり活性が遅く,一昨年よりは早いということで,大体中間くらい。まだ3年目なので,断言はできませんが,平年並みくらいのさえずりの早さなのでしょう。平地で例年になくサクラが早く咲き,ツバメが早く飛来したのと比べると対照的です。

もう1か所が長野県志賀高原。針広混交林です。こちらはまだ2年目で,さらに何とも言えませんが,昨年よりさえずりの活性が高まるのが早い。ルリビタキはもうフルスロットルでさえずっています。

2か所聞いているだけですが,こうした違いがあるのが面白いですね。どうことに由来するのか,見ていきたいと思います。

最新のさえずり状況はこのPDFファイルを随時更新中。ご覧ください。

saezuri2013.gif
posted by バードリサーチ at 13:25| 活動報告 | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

砂礫地で繁殖する鳥の生態と保全のための研究 調査中 (笠原)

多摩川にチドリ調査に行ってきました。
砂礫地にたたずんでいる彼らを見つけるのはなかなか大変です。

katsudo130409.jpg

羽村堰周辺では、すでに3羽のヒナを連れた個体が観察されました。
約27日の抱卵期間を考えると・・・3月中旬には産卵していたことになります。
イカルチドリの繁殖は早いです・・・。
posted by バードリサーチ at 15:03| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。