2013年03月16日

中央公園3月16日調査報告

今朝はここ数日の冷え込みも和らぎました。
気がつけば公園も大分彩られています。
ツバキ、ウメ、アセビ。
さらにはスイセンの花も満開です。

ume_130316.jpg
(満開のウメ 撮影:Oさん)

そのせいか、鳥たちも賑やかに感じられました。
今朝はヒヨドリの個体数がいつもより多く記録されました。
ウメやツバキの花の蜜を吸うもの。
芽吹いたばかりのヤナギの枝先に群れるもの。
全部で18羽が記録されました。

日本庭園では久しぶりにメジロの群れと遭遇。
20羽が梅の花に群れていました。

日本庭園は今日も活気に溢れていました。
シジュウカラ、ヒガラ、キクイタダキ、エナガ…。
キクイタダキの雄はつくばいで水浴び中。
シジュウカラたちも枝先で羽繕いタイム。

キクイタダキ130316.jpg
(水浴びをするキクイタダキ 撮影:Oさん)

エナガやハシブトガラスは相変わらず巣造りに忙しいそうです。
一方、ハシボソガラスはもう抱卵に入ったのでしょうか。
わずか2羽がひっそりと観察されただけでした。

昭和大池ではセグロセキレイが高らかに囀っていました。
モズの雄も高木の梢でさかんにぐぜっていました。
この雄のお気に入りはハクセキレイやムクドリの鳴き真似のようです。

ジョウビタキの雄はひっそりと枝先に佇んでいました。
もうすぐ北の地へ旅立つことでしょう。

来週はシダレザクラの花が咲き始める頃です。
一年のうちで最も華やぐ季節の到来です。

今朝の参加者5名、記録種25種、記録個体数160羽
次回は3月23日午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 11:09| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。