2013年03月09日

中央公園3月9日調査報告

ここ数日一気に春めいてきました。
厳しかった冬の寒さが嘘のようです。
日本庭園ではウメの花が咲き始めました。
池の辺のコブシの芽も膨らんできました。

コブシ芽130309.jpg
(少し膨らんだコブシの芽 撮影:Oさん)

今朝はヤマガラ、シジュウカラも囀っていました。
ただ、ウグイスは相変わらず少なくわずか2羽のみ。
囀りも聞かれませんでした。

エナガは群れを解いて巣造りに余念がありません。
今春は3つがいが営巣中です。
冬の群れが居ついたようです。
3つがいはこの公園では初めてです。
エナガも住宅地の公園に進出しはじめたのでしょうか。

3か所のうち1か所はどうもカシの木の梢付近。
もう1か所はドイツトウヒの葉の中でした。
この巣は3mほどの高さです。
巣の基礎部分はもう出来上っているようです。

enaga_130309.jpg
(巣材を集めるエナガ 撮影:Oさん)

ただ、公園にはこのあとオナガや渡り途中のカケスが多くなります。
上手くヒナが巣立つと良いのですが。

突然、シジュウカラの激しい警戒の声。
瞬時に、シジュウカラは木の枝でフリーズ状態になりました。
猛禽類がいるようです。
ただ、木立の中なので視界が悪く見つかりません。
しばらくすると、ツミの雄が梢を掠めるように木立の中へ。

そろそろ住宅地にツミが戻ってくるころです。
小鳥たちもうかうかしていられない季節の到来です。

今朝は久しぶりにWさんが参加されました。
相変わらずウェットに富んだ話に、いつにもまして和やかな雰囲気でした。

今日の参加者7名、記録種数23種、記録個体数145羽
次回は3月16日午前7時です。担当:平野


posted by バードリサーチ at 11:04| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。