2013年03月23日

中央公園3月23日調査報告

まだ今日は3月23日。
それなのにコブシやハクモクレンが満開です。
シダレザクも満開。
ソメイヨシノもチラホラ。
例年になく早いサクラの季節です。

sidarezakura_130323.jpg
(早くも満開のシダレザクラ 撮影:Oさん)

面白いことに今朝の公園は南側に鳥たちが集まっていました。
サクラの木に鳥たちが集まったせいです。
シジュウカラ、メジロ、ヒガラ、ヤマガラ、エナガ。
花芽を食べている?
シジュウカラやヒガラも忙しげに花や蕾の枝先を突いていました。

シジュウカラ130323.jpg
(サクラの枝で虫を捕まえたシジュウカラ 撮影:Oさん)

今朝の公園は鳴声も賑やかでした。
シジュウカラやハクセキレイの囀りに混じってヒガラの囀り声。
夏に山地の林で聞いて以来です。
メジロもサクラの枝で声高らかに囀り始めました。

さらに、今朝はアトリが1羽訪れていました。
ギョ、ギョ、ギュイーンとさかんに鳴いていました。
仲間を探してしているのでしょうか。

この公園を毎朝散歩しているTさん。
ここ数日キジがいるとのこと。
話の途中でそのキジの鳴声が聞こえてきました。
実に2009年3月7日以来の記録です。

公園の周りに残った農地も最近ではめっきり減ってしまいました。
さらに西側の区画整理も進んでいます。
あと2、3年で住宅密集地による隔離がさらに進むことでしょう。

公園の鳥たちの生息状況も変わるかもしれません。
この調査が周囲の環境の変化を鳥の側から明らかにできると良いのですが。

今朝の参加者6名、記録種数25種、記録個体数135羽
次回は3月30日午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 12:02| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

中央公園3月16日調査報告

今朝はここ数日の冷え込みも和らぎました。
気がつけば公園も大分彩られています。
ツバキ、ウメ、アセビ。
さらにはスイセンの花も満開です。

ume_130316.jpg
(満開のウメ 撮影:Oさん)

そのせいか、鳥たちも賑やかに感じられました。
今朝はヒヨドリの個体数がいつもより多く記録されました。
ウメやツバキの花の蜜を吸うもの。
芽吹いたばかりのヤナギの枝先に群れるもの。
全部で18羽が記録されました。

日本庭園では久しぶりにメジロの群れと遭遇。
20羽が梅の花に群れていました。

日本庭園は今日も活気に溢れていました。
シジュウカラ、ヒガラ、キクイタダキ、エナガ…。
キクイタダキの雄はつくばいで水浴び中。
シジュウカラたちも枝先で羽繕いタイム。

キクイタダキ130316.jpg
(水浴びをするキクイタダキ 撮影:Oさん)

エナガやハシブトガラスは相変わらず巣造りに忙しいそうです。
一方、ハシボソガラスはもう抱卵に入ったのでしょうか。
わずか2羽がひっそりと観察されただけでした。

昭和大池ではセグロセキレイが高らかに囀っていました。
モズの雄も高木の梢でさかんにぐぜっていました。
この雄のお気に入りはハクセキレイやムクドリの鳴き真似のようです。

ジョウビタキの雄はひっそりと枝先に佇んでいました。
もうすぐ北の地へ旅立つことでしょう。

来週はシダレザクラの花が咲き始める頃です。
一年のうちで最も華やぐ季節の到来です。

今朝の参加者5名、記録種25種、記録個体数160羽
次回は3月23日午前7時からです。担当:平野
posted by バードリサーチ at 11:09| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

今年も行ないます。【季節前線シギチドリ】

shigiflock.jpg

そろそろ暖かくなってきました。
谷津干潟には、コチドリがもうやって来たそうです。

バードリサーチでは、今年も【季節前線シギチドリ】をこの春おこないます。
 キョウジョシギ、トウネン、キアシシギ、アオアシシギ、チュウシャクシギ、メダイチドリ、ムナグロの7種のシギ・チドリの観察を報告していただけたら幸いです。
冬中いたよという情報も歓迎です。

よろしくお願いいたします。

http://www.bird-research.jp/1_katsudo/waterbirds/shigitidori/zensen-sigich.html
posted by バードリサーチ at 15:35| イベント情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。