2013年02月09日

中央公園2月9日調査結果

今朝は久しぶりに厳しい冷え込みです。
このところの暖かさに慣れた体にはちょっときつい朝。

鳥たちも急な気温の変化に驚いた様子です。
ジョウビタキやルリビタキも地上に降りて呆然とした様子。

jobitaki_130209.jpg
(地上に佇むジョウビタキの雄 撮影:Oさん)

それでも、モズは樹木の天辺で大きな声で鳴いていました。
春のつがい形成がはじまっているのでしょうか。

ハシブトガラスのつがいも昨年の巣に戻ってきていました。
巣の上でなにかごそごそしていました。

昭和大池は完全干上がりました。
カモたちは日本庭園の池に引越しです。
前回までみられたオナガガモの姿は有りませんでした。
カルガモも44羽のみでした。

今冬は今のところツグミの姿があまり目に付きません。
今朝もわずか1羽だけでした。

一方、シロハラは良く目に付きました。
合計6羽。
昨年はせいぜい2羽、一昨年は3、4羽でした。
今冬はやや多いようです。

シロハラ130209用.jpg
(植え込みから出てきたシロハラ 撮影:Oさん)

今朝もカラ類の群れと遭遇。
先週と同じ場所でした。
シジュウカラは歩道や地上に落ちたヒマラヤスギの実に夢中でした。
ウォーキングの人が通り過ぎると直ぐに戻ってきていました。

ただ、ヒガラとキクイタダキは高い群葉の中でした。
もう少し下にきてくれるとカウントしやすく嬉しかったのですが…。

今年もエナガが繁殖しそうです。
そろそろ群れを解いて巣造りを始めるころです。
来週はもう少し寒さが緩んでいるのでしょうか。
エナガの巣造りが見られるかもしれません。

今朝の参加者6名 記録種数28種 記録個体数の合計168羽
次回は2月16日(土)、午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 13:58| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。