2013年02月02日

北海道でワシ調査(植田)

環境省の委託調査で,北海道苫前でワシの調査してきました。
4日の調査のうち,3日は南東の風。北西の風が吹くと,崖に風がぶつかり,上昇風を利用してワシが良く飛ぶのですが,その逆風なので残念ながらワシはあまり飛びませんでした。北西風の吹いた1日でそれなりのデータは取れて,最低限の結果は出せましたがちょっと残念でした。

調査地への道すがら,深川でちょっとかわったカツ丼に出会いました。柚子風味。きぬさやに椎茸にかまぼこといろいろ入れるのは北海道流?

fukagawa.jpg


posted by バードリサーチ at 13:13| 活動報告 | 更新情報をチェックする

中央公園2月2日調査報告

どんよりと曇った朝。
ただ、冷え込みは大分緩んでいました。

昭和大池の水、さらに減っていました。
それでもまだカモたちは結構残っていました。
カルガモ54羽、オナガガモ7羽、マガモ1羽。
オナガガモは居ついてしまったようです。

カワセミもお気に入りの岩にとまって魚を狙っていました。
今朝はどの池も凍結していません。
そのせいか日本庭園の池には別のカワセミがきていました。
こちらは雌でした。

尾のないハシボソガラスのカイト君も元気でした。
今朝は、つがいの相手と枯れ枝をくわえて巣材運びです。
もう、巣造りの時期の到来。
今年はシラカシで繁殖するようです。

hashibosogarasu_130202.jpg
(巣材をくわえるハシボソガラス 撮影:Oさん)

今朝も博物館の広場でシジュウカラの群れに遭遇。
ヒガラ7羽、シジュウカラ12羽、ヤマガラ1羽、キクイタダキ2羽。
シジュウカラはドウダンツツジの生垣で採食。
ヒガラはケヤキの高木の枝で動き回っていました。
種による採食環境の違いを垣間見ることができました。

今日はシロハラとシメの姿が目に付きました。
どちらも6羽ずつ記録できました。
ここにきて、シロハラも人に慣れてきたようです。
10mの距離でも平気で食物を探していました。

池のほうからはセグロセキレイの囀りが聞こえてきました。
調査終了時にはシジュウカラの囀り声も…。

春までもう少しの辛抱です。

今朝の参加者4名 記録種数26種、記録個体数210羽。
次回は2月9日午前7時からです。担当:平野
posted by バードリサーチ at 11:41| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。