2013年01月16日

講演のお知らせ(大阪南港野鳥園)

バードレスキュー協会から大阪南港野鳥園で開催する講演会のお知らせ
をいただいたので、皆様にも御案内いたします。

大阪南港野鳥園は大阪市の市政改革により、廃止を含めた検討が行われ
ています。
日本有数のシギチドリ類の生息地に、皆様のご支援をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 レスキューカフェ(講演会)のご案内

 大阪市では財政上の理由から「大阪南港野鳥園」の将来について、廃
止も含めた検討を行っています。特定非営利活動法人日本バードレス
キュー協会では「大阪南港野鳥園を存続させる会」に団体として参加し
野鳥園を存続させる活動に協力をしているところです。今回、南港野鳥
園の必要性を大阪市にアピールするために野鳥園の会議室をお借りして
レスキューカフェ(講演会)を開催することといたしました。多くの方
にご参加いただくことにより、その存在意義を強く市に主張できると考
えています。皆さまのご参加を心からお待ちいたしております。

日時: 2月2日(土)14:00-17:00

会場: 大阪南港野鳥園会議室
(大阪市住之江区南港北3−5−30)

参加方法:参加費無料
 申し込み不要 当日先着順(定員 50名)

プログラム:

・ 大阪南港野鳥園の歴史とその重要性について
高田 博:NPO法人南港ウエットランドグループ理事長

・ ミサゴの生態と識別
(「フィールドガイド日本の猛禽類」続編の話題提供あり)
越山洋三・先崎啓究:フィールドガイド日本の猛禽類Vol.1.
ミサゴ編 著者


posted by バードリサーチ at 23:41| イベント情報 | 更新情報をチェックする

洋上風発のシンポジウムに行ってきました

1/13,立教大学で開催された洋上風発のシンポジウムに行ってきました。イギリスとデンマークからゲストを迎えて開催されたシンポジウム。ぼくもレーダの話をちょっとだけしました。

デンマークでのカモ類が風車を避けて行動しているということをレーダで調べた研究を知っていましたが,(うちのニュースレターでも風間さんが紹介してくれています)その研究が事業地での研究でなく,実証試験の際の研究だと聞いて驚きました。日本でも洋上風発の実証試験が始まっていますが,それぞれ1機の風車が設置されているのみ。デンマークのようにある程度の規模の風車群で試験しないと,見えてこないことも多いでしょうね。

イギリスの話では,洋上風車の建設は,鳥などに影響がないことを証明できないと建設にOKがでないとのこと。これは事業者には厳しすぎる要求のように思いましたが,その分,スクリーニング的な調査はすでに国で済ませていて,また,風車自体もリースするような仕組みがあるとか。こういう手厚いサポートがあるからこそ,そうした要求もできるのでしょうね。
posted by バードリサーチ at 06:43| 活動報告 | 更新情報をチェックする

佐渡で調査してきました(植田)

関東は雪で大変だったようですが,その関東を脱出して,佐渡に調査に行っていました。海岸線はテレビで見る東京よりも雪がないので,「これなら調査地まで車で行けるかな?」と期待していたのですが,山に入るとさすがに雪。車ではいけませんでした。残念。でも例年よりは雪は少なく,せいぜい30〜40cm程度。例年ですと雪で倒れた竹や木をくぐったり,乗り越えたりと「障害物競争」しながらの調査になるのですが,今回はそんなこともなく,比較的楽に調査できました。
鳥の方はキクイタダキが多く,ヤマガラも多め,ヒガラも見られるなど,低地の林と同じような雰囲気。北側の大佐渡から鳥が移動してきて小佐渡にたまるのかな? これまでの全国のモニ1000サイトとの比較でも積雪や気温の割には小佐渡は鳥が多めです。


niigata_burikatsu.jpg
今回は普通のカツ丼ではなくブリカツ丼にしました。タレがちょっと甘いですが,サクサク感もあり,上々です。
posted by バードリサーチ at 06:20| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。