2013年01月07日

【みにクル】狭山丘陵公園調査1月(守屋)

あけましておめでとうございます

新春の狭山公園の調査を行って来ました。
氷点下でかなり寒かったです。皆様お疲れ様でした。

狭山公園内では、計31種とわずかに増えました。クロジ、ベニマシコが初記録です。
個体数では、153個体と12月に比べて半減しています。前回はドバト(家禽)の個体数が多かったのですが、ヒヨドリやツグミなども数が少ない気がしました。果実などの餌も付きてさらに移動したのでしょうか。
2013Jan-Park.jpg

ツグミとシロハラの年度毎の動態をしますと、ツグミは12月に多かったのですが減少しています。ピークが今年は早く来て、さらに移動したのなら北帰のピークが見えるのでしょうか。シロハラも今年はよく観察されている様子がグラフにも現れていました。
2013Jan-SHIROHARA.jpg 2013Jan-TUGUMI.jpg

湖は、カンムリカイツブリが増えてきました。カモ類は相変わらずですけど。
2013Jan-Lake.jpg


ここ4年で1月の観察種としては最高数の88種でした。
ルリビタキやウソなども観察できてます。2月も期待できそうです。

次回は2月2日7:00の予定です。
今冬は良い機会なので、お時間ありましたらぜひご参加ください。


posted by バードリサーチ at 14:59| みにクル報告(狭山) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。