2012年12月15日

中央公園12月15日調査結果

天気予報では雨。
しかし、雲は多いものの青空も見えています。

今朝もカラ類の群れが木立の天辺付近を足早に渡っていきました。
エナガとシジュウカラが主の15羽前後の群れでした。

今朝は全体的に鳥の姿が少なめです。
昭和大池のカルガモも疎ら。
最初のカウントでは40羽だけでした。
その後、20羽ほどの群れが飛来。
ただ、公園内のほかの池も含めると90羽ほどになりました。

この冬、公園にはヒガラやヤマガラ、キクイタダキが多く記録されています。
しかし、一方でカワラヒワが少ないようです。
この時期、例年なら40羽ほどの群れが見られます。
今朝は15羽がニレの木に群れていただけです。
郊外の河川敷などにはそれなりにいることがわかっています。
この冬は公園に餌が少ないためかもしれません。

今朝はメジロも疎らに記録されるだけでした。
前回の半数のわずか8羽のみです。
この時期、住宅地の庭にはカキの実がなっています。
周囲の庭へ行っているのでしょうか。

ところで、この冬、公園にはルリビタキが飛来しています。
一昨日もTさんが見たとのこと。
でもこの調査ではまだ記録できていません。
今日も少し念入りに探したもののついに確認できませんでした。

ruribitaki_121215.jpg
(前回、終了後に公園で撮影されたルリビタキ 撮影:Oさん)

今朝の記録種は前回とほぼ同じでした。
しかし、記録個体数は少なめでした。
そのため、ややフラストレーションの残る朝でした。

次回に期待して解散。
参加者4名 記録種数28種、記録個体数213羽
次回は12月22日午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 11:17| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。