2012年12月08日

中央公園12月8日調査報告

穏やかな快晴。
樹木の葉も大分落ち、絶好の調査日より。
今日もカラ類に始まりカラ類で終わりました。

集合場所で待っていると公園の奥からエナガの鳴声。
しばらくすると小鳥の一団がユリノキの並木を近づいてきました。

エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラにメジロとコゲラ。
総勢32羽。
エナガとメジロは足早に通過していきました。

カラ類の群れが去ったあとのユリノキ。
シメが3羽種子を食べていました。
昨冬には見られなかった光景です。

大池のカルガモ、前回より少し増えていました。
周りの池も含めて92羽。
オナガガモの雄1羽も戻っていました。

日本庭園のスギ林ではキクイタダキ2羽。
頭上の枝先をホバリングでさかんに採食。
ウグイスが動き回るため紛らわしくて困りました。

と、またシジュウカラに遭遇。
さらに、ヤマガラ2羽とコゲラ2羽がやってきました。
コゲラは集合場所付近と同じ個体かもしれません。

ヤマガラ121208.jpg
(ナツツバキの種子を食べるヤマガラ 撮影:Oさん)

昨日、この辺りでルリビタキが見られたとTさん。
残念ながら今日は確認できませんでした。

コース終盤のヒマラヤスギの林で微かな鳥の声。
頂近くにキクイタダキとヒガラの姿がありました。
キクイタダキは少なくとも3羽。
日本庭園の2羽とは違うようです。

キクイタダキ121208.jpg
(公園の住人になったキクイタダキ 撮影:Oさん)

ヒガラは少なくとも5羽。
メジロに似た連続的な声を出していました。

さらに集合場所付近のユリノキにはヤマガラとシジュウカラが各4羽。
おそらく集合場所と同じ群れの一部でしょう。
しかし、西側で遭遇したシジュウカラとヤマガラとは別個体です。

結局、今朝はシジュウカラが11羽、ヤマガラ6羽、ヒガラ12羽、エナガ11羽でした。
キクイタダキは1羽増えて5羽。
住宅密集地の公園にしては上々の数と言えます。
今冬はまだしばらくシジュウカラ類やキクイタダキを楽しめそうです。

今朝の参加者4名、記録種数27種、記録個体数259羽。
次回は12月15日7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 12:03| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。