2012年12月17日

野鳥と洋上風力発電 2013年1月13日(日)

標記シンポジウムが東京池袋の立教大学で開催されます。
植田がレーダ調査について少しお話します。

ご興味のある方なら,だれでもご参加いただけます。無料です。

日時: 2013年1月13日(日) 開場9:30 / 開演10:00 / 閉演18:00
場所: 立教大学9号館大教室 (東京都豊島区西池袋3-34-1)
※入場料無料 自由参加(会場規模600人) 同時通訳あり
主催: 日本野鳥の会・立教大学

プログラムの詳細はこちらをご覧ください

sympo_wind.jpg


posted by バードリサーチ at 10:55| イベント情報 | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

中央公園12月15日調査結果

天気予報では雨。
しかし、雲は多いものの青空も見えています。

今朝もカラ類の群れが木立の天辺付近を足早に渡っていきました。
エナガとシジュウカラが主の15羽前後の群れでした。

今朝は全体的に鳥の姿が少なめです。
昭和大池のカルガモも疎ら。
最初のカウントでは40羽だけでした。
その後、20羽ほどの群れが飛来。
ただ、公園内のほかの池も含めると90羽ほどになりました。

この冬、公園にはヒガラやヤマガラ、キクイタダキが多く記録されています。
しかし、一方でカワラヒワが少ないようです。
この時期、例年なら40羽ほどの群れが見られます。
今朝は15羽がニレの木に群れていただけです。
郊外の河川敷などにはそれなりにいることがわかっています。
この冬は公園に餌が少ないためかもしれません。

今朝はメジロも疎らに記録されるだけでした。
前回の半数のわずか8羽のみです。
この時期、住宅地の庭にはカキの実がなっています。
周囲の庭へ行っているのでしょうか。

ところで、この冬、公園にはルリビタキが飛来しています。
一昨日もTさんが見たとのこと。
でもこの調査ではまだ記録できていません。
今日も少し念入りに探したもののついに確認できませんでした。

ruribitaki_121215.jpg
(前回、終了後に公園で撮影されたルリビタキ 撮影:Oさん)

今朝の記録種は前回とほぼ同じでした。
しかし、記録個体数は少なめでした。
そのため、ややフラストレーションの残る朝でした。

次回に期待して解散。
参加者4名 記録種数28種、記録個体数213羽
次回は12月22日午前7時からです。担当:平野
posted by バードリサーチ at 11:17| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

身近な野鳥観察ガイド(文一総合出版)

新しく出版された本を寄贈していただきました。

身近な野鳥観察ガイド
戸塚学・箕輪義隆
文一総合出版 2000円+税
ISBN 978-4829972007
http://www.bun-ichi.co.jp//tabid/57/pdid/978-4-8299-7200-7/Default.aspx

単なる図鑑ではなく,いろいろ観察ポイントなども紹介してある本です。子どもがいる方は,一緒にみると楽しい図鑑かなと思います。観察会とかやっている人にも役立ちますね。書店で手に取って見てください。



yatyou_kansatuguide.jpg
posted by バードリサーチ at 09:24| 書籍紹介 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。