2012年11月17日

中央公園11月17日調査報告

今朝は底冷えのする曇り空。
お蔭で上空を通過する冬鳥たちが良く見えました。
ここ数日、ツグミの姿が特に目に付きます。

今朝も12羽、16羽の群れが一団となって飛び回っていました。
時おり高木の梢に止まって、叫んでいました。
一時少なくなったカシラダカも上空を群れで通過。
日本海側や山に雪が降ってきたため人里へ下りてきたのかもしれません。

ただ、こうした上空通過を除くと今朝の出だしは低調でした。
仕方なく?足元にひっそり咲くスミレを観賞。
sumire_121117.jpg
(散策路に咲くスミレ 撮影:Oさん)

後半に入ってやっとカラ類の群れに遭遇しました。
今朝もシジュウカラ、エナガ、ヤマガラ、ヒガラの群れです。
今回も手分けしてカウント。

群れの中からか細い鳴き声。
キクイタダキです。
予想通りキクイタダキもやってきました。

今朝の群れは足早に樹木を移動し、あっという間に園外へ。
マツの植栽木にキクイタダキだけが残ってくれました。
しかし、鳴声のみで姿はみえません。
そこで、即席の鳴声による識別講習です。

さらに、コース終了付近のヒノキの並木でもカラ類の群れ。
皆、枝葉の中でか細く鳴くだけです。
それでもヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラを確認しました。
さらに、ここでもキクイタダキです。
kikuitadaki_121117.jpg
(久しぶりのキクイタダキ 撮影:Oさん)

結局、今朝はキクイタダキが少なくとも4羽確認できました。
キクイタダキは2009年の11月7日以来です。
2007年の冬のようにこの公園で越冬してくれると嬉しいのですが。
今冬は久しぶりに山地性の小鳥たちが勢ぞろいです。
あと期待されるのはウソやルリビタキ、トラツグミでしょうか。

次回も楽しみです。
今朝の参加者:5名 記録種数26種、記録個体数の合計272羽。
次回は11月24日午前6時45分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 14:14| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。