2012年11月13日

【みにクル】狭山丘陵公園調査11月(守屋)

IMG_6006.JPG

今年の冬は、冬鳥が多い多いと言われていますが、11月の狭山公園でも、なかなか楽しい状況でした。
まず、ヒガラやウソ、アカゲラ(写真はアオゲラ)が確認されました。シメやツグミの鳴き声が多く聞こえます。11月なのに鳥の声が多く感じられました。

公園では、個体数は164個体と10月を下回りましたが、種数では30種と今までで最高種数が出ています。
2012Nov-Park.jpg

湖では、8種43個体でした。カモ類が少数きていました。カワウやアオサギも少なかったので、渡りの種類がいろいろ見れた10月に比べると少なくなっています。
カンムリカイツブリが1羽いました。
2012Nov-Lake.jpg

冬鳥の多さは何に関係するのでしょうか?
いろいろな餌に依存する種が全体的に増えている気もします。
謎は深まるばかり…。


posted by バードリサーチ at 15:51| みにクル報告(狭山) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。