2012年11月10日

中央公園11月10日調査報告

日一日と秋も深まり、公園の木々も色づいてきました。
1週間でユリノキの葉も茶色が目立ってきました。
風に乗ってカツラの甘い香も届いてきます。
絶好の観察日和です。

keshiki_121110.JPG
(色づいたユリノキの並木)

今朝は相変わらずカラ類が主役。
コナラやケヤキ、モミの植栽林が賑やかでした。
ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ。
さらにエナガ、メジロが加わっていました。

動きが活発でなかなか上手く数えられません。
そこで、皆で種を手分けしてカウント。
全部で30羽ほどの群れです。

さらに別の針葉樹の植え込みでもカラ類の群れがいました。
ゴジュウカラ1羽も地上に降りて採食中。
完全に?この公園の住人の仲間入りです。

今朝はヒガラ9羽、シジュウカラ13羽、ヤマガラ6羽、エナガ6羽。
住宅地の公園にしては立派な数です。

また今朝はアオジやシロハラの姿が目に付きました。
アオジは全部で5羽。
植え込みの地上付近を動いていました。
シロハラも煩く鳴きあっていました。

一方で、カルガモの数が伸びません。
今朝は82羽でした。
10月20日に169羽をカウントした後急下降状態です。

参加されたお二人の調査地の個体数も昨年より少ないとのこと。
北から飛来していないのでしょうか。
要注意です。

今朝の参加者3名 記録種数25種 記録個体数247羽
次回は11月17日6時45分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 13:41| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

中央公園11月3日調査報告

今朝の宇都宮はこの秋一番の冷え込み。
公園の木々も色付き始め、ユリノキも黄色に染まってきました。

寒さのせいか鳥たちの姿も今ひとつ?
渡りが一段落したのでしょうか。
上空からの鳥たちの声も少なめです。
時おり、カシラダカやシメ、アオジが通過するだけです。

昭和大池でカワセミをみているとホオジロの鋭い声。
振り向くと1羽のホオジロがイチイの茂みへ飛び込んできました。
間髪をいれず、ホオジロのコースを辿るようにツミが飛来。

それにしても美しい雄のツミです。
朝日に虹彩が赤く輝いていました。
彼は残念そうにあたりを見回すと飛び去っていきました。

ツミ♂121103_1848.jpg
(ツミの雄 Oさん撮影)

その後、日本庭園でも鳥の姿はほとんどみられません。
少し気落ちしているとヒマラヤスギの茂みでカラ類の群れに遭遇しました。
今朝はエナガが加わって一際賑やかでした。
ただ、高い枝を動き回るため、なかなか正確にカウントできません。
上ばかり見上げているため腰や首が痛くなってきました。

傍らのヒノキの茂みでホオジロ類の声。
アオジより細くて高い地鳴きです。
クロジ?
動く影は捕らえられるもののはっきりわかりません。

しばらくすると別の個体が枝に出てきてくれました。
やはりクロジでした。
若い雄と雌の2羽のようです。

この公園では3回目の記録です。
前回は2009年と2010年のどちらも10月31日。
ほぼ同じ時期でした。

今朝も群れにヒガラ、ヤマガラが加わっていました。
ヒガラはシジュウカラより多く7羽でした。
さらにゴジュウカラも1羽元気に幹を駆け回っていました。
このまま越冬しそうです。

日陰でカラ類やクロジを探していたために、体が冷え切ってしまいました。
震える体を太陽で温めて解散です。

今朝の参加者4名 記録種30種 記録個体数211羽
次回は11月10日 6時45分からです。担当:平野
posted by バードリサーチ at 09:37| イベント情報 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。