2012年10月13日

中央公園10月13日調査報告

穏やかな快晴。
気がつけば上着が必要な季節になりました。

今朝の公園はメジロやシジュウカラの鳴き声が四方から聞こえてきます。
何か新たな出会いの予感。

日本庭園で今回も大形ツグミのか細い声。
前回の姿が見えないモヤモヤ感が皆の頭に過ぎりました。
しかし、今朝はサクラの枝にとまる影。

何とマミチャジナイの雄でした。
この公園では初めての記録です。

地鳴きはアカハラとシロハラの中間的な声のように聞こえます。
観察していると向うからさらに近づいてきました。
5、6m先の枝にとまってくれました。

マミチャジナイ121013_1716.jpg
(マミチャジナイの雄 撮影:Oさん)

このマミチャジナイ、近くの小路を人が歩いても逃げません。
お蔭で皆、心行くまで堪能することができました。

大池の縁の植え込みではシジュウカラ類とメジロが群れていました。
ヒガラとヤマガラも間近で観察できました。
ヒガラは少なくとも4羽いるようです。

そして、最後にゴジュウカラの出現です。
ゴジュウカラは宇都宮の平地林では年によって記録される冬鳥です。
公園の西側の平地林で前回記録されたのは2006年の冬でした。
この公園でははじめての記録です。

ゴジュウカラ121013_1709.jpg
(採食中のゴジュウカラ 撮影:Oさん)

今秋はヒガラやヤマガラが多いため、ゴジュウカラの飛来も予想されていました。
予想的中です。
1994年や2006年の冬期のような状態になってきました。
とすると、コガラも飛来するかもしれません。

益々、冬が楽しみになってきました。
前回と違い姿をじっくり見られ、清清しい朝になりました。
次回はジョウビタキも来る頃です。
さらにはツグミも?
来週に期待して解散。

今朝の参加者:4人、記録種数20種、記録個体数240羽
次回は10月20日、午前6時30分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 13:18| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。