2012年09月08日

中央公園9月8日調査報告

さすが9月。
朝夕はめっきり涼しくなりました。
公園のセミの鳴き声も減り、鳥たちの声が聞きやすくなりました。

ただ、スタート直後は鳥たちの声もひっそり。
時おり、ハシブトガラスの鳴き声が聞こえてくるだけでした。
一月前には50羽近かったハシブトガラス。
今朝は15羽のみです。

大池では今朝もカワセミが獲物を狙っていました。
観察中、見事に2回小魚をゲット。

メタセコイアの林からヤマガラの鳴き声。
近づくと少なくとも4羽。
梢近くを動き回っています。

そのうち、1羽がツクツクボウシを捕らえました。
足で枝に押さえつけて2,3度嘴で突きました。
しかし、その後セミに逃げられたのでしょうか。
次に出てきたときにはもうセミを持っていませんでした。

ヤマガラの群れを追いかけていると、変な動きの鳥影。
ムシクイ類です。
羽色からセンダイムシクイのようです。

センダイムシクイ?120908.jpg
(センダイムシクイ? 撮影:Oさん)

さらに、葉先に飛びついて枝に戻ったまま動かない鳥がいます。
こちらはキビタキの雌でした。
2羽いるようです。

いつの間にかヤマガラも増えて6羽になっていました。
さらにシジュウカラが4羽加わりました。
皆、ケヤキの樹冠で採食中です。

ヤマガラ120908.jpg
(動き回るヤマガラ 撮影:Oさん)

お蔭で、私たちのテンションも一気に上昇。
ただ、上を見過ぎてあちこちでうめき声。
首が…。腰が…。

それにしても今年は例年になくヤマガラの多い秋です。
公園で越冬した2006年や2007年より一月早く記録されています。
しかも、個体数も多いのです。

調査終点に着くと上空をシメが1羽鳴きながら南へ通過。
やはり一月以上早い初認です。
ヤマガラと言いシメと言い、今秋は何が起きているのでしょうか。
ツグミやジョウビタキの冬鳥たちの飛来時期は?
今から楽しみです。

今朝の参加者4名 記録種数16種 記録個体数135羽
次回は9月22日午前6時からです。15日は鳥学会のためお休みです。
担当:平野


posted by バードリサーチ at 10:58| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。