2012年08月11日

中央公園8月11日調査報告

再び猛暑に逆戻りの気配。
曇り空にも関わらず蒸し暑い朝です。
会社も夏休みなのか、ウォーキングの人もいつもより多めでした。

今朝は鳥たちも夏休み?
ハシブトガラスやムクドリを除くとひっそりとしていました。
ヒヨドリは3羽のみ。
常連のシジュウカラもコゲラも記録できませんでした。

ハシブトガラスは相変わらず多いもののやや少なめでした。
それでも41羽が記録されました。
あちこちで不器用にセミを追いかけていました。

hashibutogarasu_120811.jpg
(アブラゼミを捕らえたハシブトガラス 撮影:Oさん)

地上ではムクドリたちが採食中。
彼らもさかんにアブラゼミを捕らえていました。
ムクドリも翅をとってから食べていました。

ところで、毎日たくさんの数が食べられているセミたち。
次の世代で個体数が減らないのでしょうか。
この公園でハシブトガラスが多くなったのは4年前ごろからです。
数年後のセミの個体数が気になります。

ササゴイのヒナは大分大きくなってきました。
ただ、サクラの巣のヒナが2羽に減っていました。
1羽ハシブトガラスに捕食されたのでしょうか。

一方、ヒマラヤスギの巣はヒナが5羽いるようです。
親鳥が戻ると我先にと急いで集まってきます。
ここもハシブトガラスが飛び交っています。
無事大きくなると良いのですが。
自由に飛べるようになるまであと10日の辛抱です。

昭和大池のカルガモは一時より個体数が少し増えていました。
中に換羽中で風切羽がまったくない1羽がいました。
今年の飛べないカルガモ第1号です。

季節が着実に進んでいることを改めて気付かせてくれました。
鳥の少ない時期もあと少しです。

今朝の参加者4名 記録種14種 記録個体数137羽
次回は8月18日午前6時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 11:42| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。