2012年07月28日

中央公園7月28日調査報告

朝から茹だるような暑さ。
さらにセミの鳴き声とハシブトガラスの鳴き声に暑さ倍増です。

今年もハシブトガラスの季節の到来です。
鳴きながら飛び交う姿が公園の全域で見られました。
樹木の間を探るようにうろつき、セミを見つけると追いかけています。

今朝は34羽を記録しました。
昨年の同時期に39羽でしたので、ほぼ同じと言えます。

hashibutogarasu_120728.jpg
(暑さに口を開けたハシブトガラス 撮影:Oさん)

ササゴイもヒナが孵化しました。
6月中旬に巣造りしていたサクラの巣。
今朝は親鳥の給餌に遭遇しヒナを確認できました。
孵化後7日ぐらいでしょうか。
3羽確認できました。
6月中旬に巣立ちした巣よりヒナ数が少ないようです。

他の巣もヒナがいるのでしょうが、親鳥の下で詳しく分かりません。
ハシブトガラスが巣に近づくと親鳥は威嚇していました。
次回には枝移りが見られることでしょう。

大池ではカルガモのヒナが大きくなっていました。
7羽すべてが揃っていました。
成鳥もやや増えていて全部で26羽。
平年並みの個体数です。

カルガモ12年7月.gif
(カルガモの月ごとの平均個体数の推移 緑が2012年)

ムクドリの小群が公園のあちこちで採食していました。
今朝は28羽を記録しました。
昨年ごろからこの時期に公園を利用する個体が増えているようです。

mukudori_120728.gif
(4月から9月のムクドリの平均個体数の比較 緑が2012年)

次回は8月。
アブラゼミの鳴き声も加わり一層騒々しくなることでしょう。
今年のハシブトガラス。最多個体数は何羽になるのでしょうか。
また、ササゴイの遅い繁殖のヒナ数は早い巣より少ないのでしょうか。
楽しみです。

今朝の参加人数:4人 記録種数15種 記録個体数156羽
次回は8月4日6時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 11:51| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。