2012年07月05日

秩父から巣箱回収

秩父に巣箱の様子を見に行ってきました。
今年はヤマガラの繁殖が早かったので,もしかしたら,2回目の繁殖してるかも,と少し期待していたのですが,していませんでした。
代わりに1つの巣箱にはヤマガラの巣をヤマネが利用していました。

調査が終わってから,秩父名物の1つわらじカツ丼を食べてきました。
子供のわらじくらいのサイズはあるかな,食べた時間も昼遅かったし,今日は晩御飯いらない感じ

秩父正丸わらじカツ丼.jpg


posted by バードリサーチ at 20:08| 活動報告 | 更新情報をチェックする

8/25 色・鳥どり 〜鳥たちの多様な色彩の進化と芸術への浸透〜 in 東京大学弥生講堂一条ホール

鳥の色に関わる科学的,文化的な話を紹介する日本鳥学会企画委員会のシンポジウムが8月25日土曜日,13時より東京大学弥生講堂一条ホールで開かれます。

詳しくはこちら
posted by バードリサーチ at 16:58| イベント情報 | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

中央公園6月30日調査報告

気がつけばもう6月も終わりです。
植え込みの地上には今年もギンリョウソウが顔を出していました。
このところ雨が少ないせいかやや小ぶりでした。

ginryousou_120630.jpg
(ひっそりと顔を出したギンリョウソウ 撮影:Oさん)

今朝も主役はササゴイでした。
新たに巣立ちビナの巣がみつかりました。
これで巣立ちに成功した巣は5巣となりました。
したがって、少なくとも5つがいが繁殖したことがわかりました。

現在、抱卵や造巣中の巣が観察されています。
親鳥の行動から、これらの巣は2回目繁殖の可能性が高いこともわかりました。

ところで、今年はササゴイばかりでなく、シジュウカラの個体数も多いようです。
下の図は、2009年以降の月ごとの平均個体数の推移を表したものです。

sizyuukara_12_06.gif
(シジュウカラの月ごとの平均個体数の推移 4月から3月が1年)

2012年(黄緑)は5〜6月の平均個体数が著しく多いことがわかります。
今繁殖期は4〜5つがいが公園を利用していたことが分かっています。

さらに、ウグイスも個体数こそ少ないものの毎回のように記録されています。
下図は、2003年から2012年の4月下旬から6月末までの年ごとの記録率をまとめたものです。

uguisu.gif
(ウグイスの記録率の推移)

調査開始当初の2005年まではこの時期にまったく記録されていません。
2006年ごろから5月も時おり記録されるようになりました。
多少年によって記録率はばらつきますが、近年記録率が増えていることがわかります。

1週間ほど前、この公園の北側の住宅密集地でも1羽さかんに囀っていました。
どうも宇都宮ではウグイスが住宅地へ繁殖分布を拡大してきたようです。

ササゴイ、シジュウカラ、ウグイス。
これらの鳥たちの生息状況は今後どのように変化するのでしょうか。
今年は一時的に増えただけなのでしょうか。

今から来年の繁殖期が楽しみです。
また、他の種では生息状況に変化がないのでしょうか。
時間を見つけてデータを見返してみようと思います。

今朝の参加者:5名、記録種数16種 記録個体数108羽(育雛中のヒナを除く)
次回は7月7日朝6時からです。担当:平野
posted by バードリサーチ at 12:11| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。