2012年06月09日

中央公園6月9日調査報告

今朝は予報どおり雨。
ただ、6時15分ごろから空も明るくなり、小雨になりました。
急いで公園へ行くと、すでにOさんとTさんがいらしていました。

さすがに雨の日は鳥が少なめです。
ヒヨドリやムクドリは相変わらず多いものの、シジュウカラは3羽のみ。
ウグイスも鳴いていません。

一方、今朝はササゴイの独壇場でした。
営巣木の下をみるとササゴイの青い卵の殻が散乱していました。
数えると4、5個分あります。
巣を覗いても親鳥がいるのかどうか良く見えません。
それでもしばらくしてゴアーという一声が聞かれました。

sasagoi_120612.jpg
(公園のササゴイ Oさん6月2日撮影)

さらに、歩道を挟んだ反対側の木の下にもササゴイの卵の殻。
やはり、4、5個分あります。
ここは5月に良く親鳥が動き回っていたところです。
上を見上げるとヒマラヤスギの横枝に巣らしいものを発見。
しかし、やはり親鳥はいません。

昨年、巣立ちビナが目撃されたのは8月6日でした。
一昨年は7月8日に巣立ち間際の巣内ビナが確認されています。
そのため、孵化するには少し早すぎるようにも思われます。
ハシブトガラスにでも捕食されたのでしょうか。

お蔭で3人のテンションは一気に地中深くめり込んでしまいました。
ところが、集合地点の近くの木立に鳥の巣を発見。
みるとササゴイの巣です。
親鳥が巣の上に入っていました。
みているとどうも親鳥の脇腹のあたりで何か動いているようです。
ヒナ?

もし、ヒナなら最前の2巣も孵化した可能性もあります。
私たちのテンションも急激に回復。

それにしても、何度も巣の近くを歩いているのにまったく気付きませんでした。
結局、この公園で今年は3つがいが営巣したことがわかりました。
雨の中を歩いて大正解でした。
ただし、鳥は少ないので解析には使えそうにありません。

本日の参加者:3名、記録種数:12種、記録個体数:66羽。
次回は6月16日午前6時30分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 10:25| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。