2012年06月02日

中央公園6月2日調査報告

今日は6月第1回目の調査です。
公園はムクドリの騒々しい鳴き声で溢れていました。
アメリカザイフリボクの低木にも家族群が群れていました。
まだやっと赤味を帯びた程度の実を巣立ちビナに与えていました。
完熟するのが待てないようです。

ムクドリ 親子120602.jpg
アメリカザイフリボクで採食するムクドリの親子(撮影:Oさん)

日本庭園の周りでも煩く鳴き交わしながら地上で餌を探していました。
多少重複が予想されるものの今朝は62羽を記録しました。
今シーズン最多個体数です。

お蔭で騒音の中での鳥の聞き取りの練習となりました。
50mの距離でもシジュウカラの囀りがやっと分かる程度です。
メジロのか細い地鳴きもムクドリの声の隙間でやっと確認できました。

今朝は久しぶりにカワセミとツミの鳴き声を聞くことができました。
カワセミは3月29日以来です。
ただ、昭和大池も日本庭園の池も小魚はまったくいません。
そのためか、直ぐに住宅地の方へ飛び去りました。

調査終了間際にツミの鳴き声。
ユリノキの並木でハシブトガラスを威嚇しているようです。
その後、数回聞こえました。
公園の近くで営巣しているのでしょうか。
それとも繁殖に失敗して新たな営巣場所を探しているのでしょうか。

もし後者ならぜひこの公園で営巣してくれると嬉しいのですが。
参加者の皆さんも同じ気持ちだと思います。

調査中、この時期の平地での鳥の種数の少なさが話題になりました。
それでも、今朝は19種123羽を記録できました。
ササゴイも巣の上に見られ、それなりに楽しい一時でした。

今日の参加者:5名 
次回は6月9日午前6時30分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 11:33| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。