2012年05月19日

中央公園5月19日調査報告

今朝は久々の清清しい快晴。
公園の緑も一際冴えてみえました。
ユリノキにはチューリップ形の花が咲いていました。

yurinoki_120519.jpg
(ユリノキの花 撮影:Oさん)

今年の5月は何となく低調。
天気が良いのに鳥の姿は少なめです。
大池のカルガモもわずかに6羽。
沈床池をいれても8羽でした。

ムクドリやスズメもまだ親鳥だけでした。
巣立ちビナはまだみられません。
小雀ウォッチはまだ時期が早いようです。

suzume_120519.jpg
(葉の上で虫を探すスズメの成鳥 撮影:Oさん)

茂みからシジュウカラの囀り。
これに反応するかのように反対側でも囀りはじめました。
今日も4か所でシジュウカラを確認。
ただ、シジュウカラも親鳥だけのようです。

博物館の近くまで来るとエナガの鳴き交わす声。
幼鳥の群れが足早に移動していきます。
全部で22羽。
前回より多くなっていました。
近くの林から飛来してきたのでしょう。

最近、宇都宮では小さな公園にもエナガの姿を見かけます。
市街地へ分布を広げてきたのでしょうか。

ササゴイを良く見かけた木立。
地上にササゴイの水色の卵殻が落ちていました。
Tさんによると数日前からあるとのこと。
ハシブトガラスにでも捕食されたのでしょうか。

rannkaku_120519.JPG
(地上に落ちていたササゴイの卵殻)

エナガの群れで上昇したテンションもササゴイの卵の殻で急降下。
親鳥はまだ近くに見られています。
再営巣に望みを託して次回へ。
来週はカッコウが見られるかもしれません。

今日の参加者:4名、記録種数15種、記録個体数95羽
次回は5月26日6時30分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 15:36| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。