2012年05月19日

中央公園5月19日調査報告

今朝は久々の清清しい快晴。
公園の緑も一際冴えてみえました。
ユリノキにはチューリップ形の花が咲いていました。

yurinoki_120519.jpg
(ユリノキの花 撮影:Oさん)

今年の5月は何となく低調。
天気が良いのに鳥の姿は少なめです。
大池のカルガモもわずかに6羽。
沈床池をいれても8羽でした。

ムクドリやスズメもまだ親鳥だけでした。
巣立ちビナはまだみられません。
小雀ウォッチはまだ時期が早いようです。

suzume_120519.jpg
(葉の上で虫を探すスズメの成鳥 撮影:Oさん)

茂みからシジュウカラの囀り。
これに反応するかのように反対側でも囀りはじめました。
今日も4か所でシジュウカラを確認。
ただ、シジュウカラも親鳥だけのようです。

博物館の近くまで来るとエナガの鳴き交わす声。
幼鳥の群れが足早に移動していきます。
全部で22羽。
前回より多くなっていました。
近くの林から飛来してきたのでしょう。

最近、宇都宮では小さな公園にもエナガの姿を見かけます。
市街地へ分布を広げてきたのでしょうか。

ササゴイを良く見かけた木立。
地上にササゴイの水色の卵殻が落ちていました。
Tさんによると数日前からあるとのこと。
ハシブトガラスにでも捕食されたのでしょうか。

rannkaku_120519.JPG
(地上に落ちていたササゴイの卵殻)

エナガの群れで上昇したテンションもササゴイの卵の殻で急降下。
親鳥はまだ近くに見られています。
再営巣に望みを託して次回へ。
来週はカッコウが見られるかもしれません。

今日の参加者:4名、記録種数15種、記録個体数95羽
次回は5月26日6時30分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 15:36| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

照度計で開葉時期を探る(植田)

森の鳥の食物の季節変化を見るには開葉時期を知ることがよさそうです。
そこで,春に雑木林に照度計を設置して,照度情報で,開葉時期が把握できるか試験していたのですが,その照度計を本日回収してきました。
照度をグラフ化してみると,開葉とともに日が差し込まなくなり照度が下がっている様子がわかりました。
全体的に木の葉が開き始めた時期(4/14-15)に急激に照度は下がっていて,葉が大きくなって,森林内が暗くなり「この頃から照度が低くなっているかな」とぼくが思った時期(4/24)よりも照度計による検出時期はだいぶ早いことがわかりました。こういった特性を把握できていたら,十分開葉時期のモニタリングに使えそうです。

今年は森の開葉度合を写真に撮るの忘れてしまいましたが,来年はそういうこともしつつ手法を固めていきたいと思います。

syoudokei.gif
posted by バードリサーチ at 11:26| 活動報告 | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

みにクル番外編 渡良瀬遊水地

今日は、「渡良瀬遊水池を守る利根川流域住民協議会」の皆さんとセンサスの勉強会。
生憎の天気。
5時ごろから雨粒が落ちてきました。
集合時間の6時にはついに本降りになってしまいました。
それでもせっかくなので傘を差して湿原へ。

7名の方の情熱の賜物でしょうか。
調査開始早々、何と雨が止んでしまいました。

皆さんラインセンサスは初めてとのこと。
協力して鳥の位置の確認や識別をされていました。
種数こそ少ないものの多くの個体が記録できました。

このコースはやや乾燥した草原。
そのため、コヨシキリの方がオオヨシキリより多く記録されました。
用意した調査票が瞬く間に埋まってしまいました。

koyosikiri.JPG
(囀るコヨシキリ)

復路ではアオジのつがいがコース上で採食。
雄がヨシにとまって囀ってくれました。

最近、渡良瀬遊水地では繁殖期にアオジが増加しています。
調査地でも繁殖するのかもしれません。

調査終了を待っていたかのようにまた雨が降り出しました。
屋根のある東屋で簡単な記録の集計方法の説明。
調査時期など熱心に質問されました。

参加者の皆さんは、早速この後の調査日程の打ち合わせ。
新たなモニタリング調査の始まりです。

初めての試みでしたが、やってよかった。

担当:平野
posted by バードリサーチ at 17:30| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。