2012年03月20日

ICレコーダの耐寒試験

数年前から,各地の森林にICレコーダをつけて,鳥のさえずり時期のモニタリングを開始していますが,その調査での悩みがいくつかあります。
1つは録音の聞き取りが大変なこと,もう1つが寒冷地での録音時間が短いことです。そこで,地球環境基金から助成金をいただき,この問題の解決にトライしました。

今回ご報告するのは後者の寒冷地での録音時間の問題。
この話をしていたら,寒冷地をフィールドとしている足寄研究林の田代さんから,エナジャイザーのリチウム電池が良いよとアドバイスいただきました。また,松田道生さんからは,アルカリ乾電池よりエネループの方が寒さに強いとのアドバイスをいただいたので,この2つでどれくらい持つのかを試験してみました。

ケースには,以前もブログで紹介した保温マグを使いました。

試験地は「どうせなら思いっきり寒いところで」ということで,北大雨龍研究林にご協力いただき,あわせ,うちのスタッフのいる盛岡と東京のBR事務所でも12月中旬より機材を設置し,試験を行ないました。

まずは,調査地の温度から紹介します。
やはり雨龍は寒い。一番寒い時は-25℃を下回りました。でも保温マグをつかったケース内は-10℃を下回る程度で,周囲の気温に影響され,温度は下がってしまうものの,保温マグのケースを使うことで早朝の急激な温度の低下を緩和できました。

気温とICレコーダの温度の変化.gif


そして寒冷地でのICレコーダの電池寿命ですが,朝に2時間,夜に1時間録音をする設定で,エネループ単一で30日強,エナジャイザー単三で30日弱持つことがわかりました。また,気温は雨龍<盛岡<府中の順で高く,その温度差は最大で25℃にもなりますが,それにもかかわらず,電池寿命はそれほど違いませんでした。ただ盛岡のエネループだけ寿命が極端に短く,さらに急に録音できなくなってしまったのですが,その原因はちょっとよくわかりません。

電池寿命.gif


今回の結果から,保温マグは低温を緩和する効果があること,またエネループ,エナジャイザーともに低温に強いことがわかりました。特にエナジャイザーは単三にも関わらず,1か月近く持つので,これから寒冷地の調査には,保温マグ+エナジャイザーの並列設置が,現時点では最良の方法かなと思いました。


posted by バードリサーチ at 11:20| 活動報告 | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

中央公園3月18日調査報告

今日は3月18日日曜日。
この調査は毎週土曜日に行ってきました。
ただ、土曜日だとBさんが仕事の都合で参加できないとのこと。
そこで月1回は日曜日に実施することにしました。
お蔭で、今朝は昨夜までの雨も上がり調査ができました。

集合場所で談笑していると高空をアオサギが4羽北東へ向かって通過。
美しい編隊飛行です。
繁殖地へ戻っていくのでしょうか。

今朝は鳥たちの声がそこかしこから聞こえてきます。

エナガはつがいで忙しげに水滴の付いた枝先を動き回っていました。
巣材を探しているのでしょう。

enaga_120318.jpg
(枝さきを動きまわるエナガ Oさん撮影)

真冬のあいだほとんど姿がなかったオナガの群れが騒いでいます。
今朝は少なくとも19羽をかぞえました。
営巣場所を探すのに忙しそうです。

ハシブトガラスも巣造りの最中です。
遊具広場のコナラの枝に巣材を運んでいました。
昨年まではカシの木に造っていたつがいです。

シジュウカラの雄は枝先で鳴きあっています。
地上付近では雌が黙々と餌探し。
繁殖に供えて体力をつけているかのようです。
シジュウカラの巣造りももうすぐです。

茂みの地上付近で動いているのはジョウビタキの雄です。
すっかり美しい羽色になっていました。
ジョウビタキとももうすぐお別れです。

昨年の19日の調査ではイワツバメの姿が記録されました。
今年はまだ姿を記録できませんでした。
ただ、博物館のエントランスホールの古巣の下に新しい糞がいくつかありました。
たぶんもう戻ってきているのでしょう。

sansyuyu_120318.jpg
(サンシュユの黄色い花 Oさん撮影)

庭園の樹木も花を付け公園にほのかな彩を添えていました。
曇り空のはっきりしない天気でしたが春を実感する朝でした。

本日の参加者:4名 記録種数:23種 記録個体数の合計:155羽
次回は3月24日(土)7時からです。担当:平野
posted by バードリサーチ at 13:43| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

北海道道北でワシ調査(植田)

先週は道北に環境省のワシの春の渡りの調査をしに行ってきました。このあたりに渡り経路があるかもしれん,と予想しつつも,それほど期待していなかった内陸の調査地。毎日100羽弱のワシたちが渡っていき,ちょっとワシの気分がわかった気がしましたが,ここは間違いなしと思って,行ってもらったオホーツクの海岸では大した渡りが記録できず,やっぱりワシの動きの予測は難しいなと,考えなおしました。

宗谷岬カツ丼.jpg

道北に行ったら,目指すは最北のカツ丼。宗谷岬で食べることができました。最南,最東,最西もコレクションに加えたいと,カツ丼ライフのモチベーションが上がりました。
posted by バードリサーチ at 23:05| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。