2012年01月07日

中央公園1月7日調査結果

新年最初の調査。
穏やかな快晴の朝。
日の出直前。
手袋をした指先が寒さで痛いほどです。

寒さで鳥たちの姿も疎らです。
頭上を見上げるとヒヨドリがひっそりと佇んでいました。
hiyodori_120107.jpg
(寒さに震える?ヒヨドリ Oさん撮影)

大池もほぼ全域が凍結していました。
カモたちは僅かに残った水面に集まっていました。
カルガモの数は大変少なく、65羽だけでした。

ただ、鳥の少なさもここまで。
その後は新年のご祝儀状態でした。
ケヤキの天辺で時おり声をだしているのはツグミ。
凍った池にはキセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイの姿が。

一方、ケヤキの木は鳥たちの朝食のレストランです。
カワラヒワ4羽、アトリ9羽、シメ1羽が採食中。
keyaki_120107.JPG
(鳥たちのレストラン?:ケヤキ)

雄のカワラヒワ1羽が、鳴きながらヒラヒラと蝶のように羽ばたいて飛翔。
ケヤキの天辺にとまってコロコロコロ、ビーンと軽やかに鳴き始めました。
真冬だと言うのにディスプレイフライト?

アトリは餌を食べ終わると近くのカシの木に移動。
休憩タイムかと思っていると落ち着きがなく、さかんに動き回っていました。
一見、フライキャッチのような飛び方です。
理由がわかりません。
atori_120107.jpg
(アトリ Oさん撮影)

さらに、シジュウカラとエナガ、メジロの群れが加わり、観察者のテンションもハイに。
お蔭で肌を刺す寒さも一時忘れてしまいました。

コース終盤ではシロハラも出現してくれました。
秋口以来の記録です。

このあとも冬鳥たちが居ついくれると嬉しいのですが。

今朝の参加者:4名 記録種24種、記録個体数201羽
次回は1月15日7時からです。


posted by バードリサーチ at 14:57| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。