2012年01月05日

渡良瀬遊水地チュウヒ類就塒調査報告

1月4日は恒例の渡良瀬遊水地チュウヒ類就塒調査。
宇都宮のオオタカ保護基金、バードリサーチのメンバーなど15人が参加。
挨拶後、6か所に分かれて調査。
120104_1.JPG
(参加者の皆さん)

予報では、14時以降は強風とのこと。
しかし、やや風はあるもののどちらかと言うと穏やかな晴天。
調査日和に一安心。

調査地点の一つ、ハイイロチュウヒの塒では…。
目的のチュウヒ類、なかなか現れてくれず。
夕焼け空を塒に向かうカワウの編隊を数えて時間を費やす。
120104_2.JPG
(脚立の上から観察する)

16時30分ごろ、ハイイロチュウヒの雌雄が飛来。
一気にテンションがハイに。
しかし、北に通過。

16時37分雌タイプ飛来。飛び回った後就塒。
2分後雄も就塒。
10分後、連続して飛来。
ヨシ原の上を軽やかに飛び回り次々に就塒。
16時53分、最後の雄が入り、調査終了。

結局、今年は昨年よりチュウヒ、ハイイロチュウヒともやや少なめ。
それでもチュウヒ約40羽、ハイイロチュウヒ10数羽。
今年は、就塒場所が限られていた。
6地点のうち就塒が観察されたのは3地点だけだった。
春先にヨシ焼きをしていないためだろうか。

来年の調査を約束し、家路へ。


posted by バードリサーチ at 14:22| 活動報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。