2011年12月17日

中央公園12月17日調査報告

今年も残りあと2週間。
このところ真冬の寒さが続いています。
今朝は、特に寒さが厳しく、暖冬になれた身には辛い朝です。

駐車場のニレの木もすっかり葉が落ち。種子だけになりました。
今年もカワラヒワが来ていました。
17羽、今冬最多個体数です。

ただ、例年だとこの時期30羽前後が飛来します。
カワラヒワも少なめです。

ドイツトウヒの枝葉にエナガが群れていました。
小声で鳴き交わしながら忙しげに動き回っていました。
最後に1羽ずつ少し離れた木に飛び移ってくれました。
13羽の群れでした。

enaga_111217.jpg
(ドイツトウヒで採食するエナガ 撮影:Oさん)

大池はマガモが増えていました。
今朝は雄3羽に雌4羽です。
この池では一昨年の10羽に次いで2番目の多さです。

今回もやはりシメやツグミの姿はありませんでした。
気になってここ3年の10月から2月のシメの記録状況を見返してみました。
下の図は10日ごとのシメの平均個体数の推移です。
ピンクが2009年度、水色が2010年度、赤が今年の冬です。

sime_111217.gif
(冬期のシメの個体数の比較)

年によって飛来状況は著しく変動することがわかります。
2009年や2010年では12月には6羽前後が記録されていました。
今年は11月に最高3羽が記録されたものの11月下旬からまったく記録されていません。

今年もカエデの実は結構多く付いています。
食物が乏しいためではなさそうです。

先日行った山地の林でもシメは記録されませんでした。
さらに、栃木県内の平野部の定期調査地でもほとんど記録されていません。

それでも1月や2月には例年通り飛来するのでしょうか。
どうなるのか楽しみです。

参加者数:4名 記録種数:19種 記録個体数:205羽
次回は12月24日午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 14:48| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。