2011年12月10日

中央公園12月10日調査報告

先週は雨で中止。
しかし、雨の中を散歩していたTさん、大池でアカエリヒレアシシギを見たとのこと。
時期的に大分遅い記録で、この公園では初記録です。

さて、今朝は真冬の寒さ。
暖冬になれた身には辛い寒さです。
公園の芝生も雪が降ったように霜で真っ白です。
keshiki_111210.JPG
(霜で白く輝く芝生)

大池のカモたちの背中も霜が降りていて薄っすらと白くなっていました。
karugamo111210.jpg
(カルガモの背中にも霜が! Oさん撮影)

カルガモに混じってオナガガモ3羽、マガモ4羽が記録できました。
オナガガモはここでは珍しいお客です。
カルガモは全部で105羽。
11月より少し増加しました。
onagagamo111210.jpg
(オナガガモの雄 Oさん撮影)

シジュウカラを観察していると、低木の茂みからアオジの鳴き声。
少し離れたところでカルガモを見ていたOさんによると5羽とのこと。
さらに、反対の植え込みでも2羽の声。
結局、今朝は全部でアオジ7羽を記録しました。
今冬の最高羽数です。

上空をツグミが1羽鳴きながら通過していきました。
例年なら珍しくない光景ですが、今年は10月29日以来の記録です。
ここ数日の降雪で山地から降りてきたのでしょうか。

毎回思うのは、今冬のシメの少なさです。
今朝も鳴き声さえも聞こえません。
昨年は11月から毎回記録され、12月11日には10羽が記録されています。
この公園で個体数調査を始めた2005年以来はじめての少なさです。

今のところ、今冬は「沈黙の春」ならぬ「沈黙の冬」の状況です。
しかし、鳥が少ないのは残念ですが、冬鳥の変動を知る上で興味深い冬です。

今朝の参加者:4名 記録種数18種 記録個体数215羽
次回は12月17日、午前7時からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 14:32| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。