2011年11月12日

中央公園11月12日調査報告

雨上がりの朝。
朝日にユリノキの葉が黄金色に輝いていました。
正門付近のトチノキにはシジュウカラやメジロ、コゲラの元気な姿。
幸先のよいスタートです。

駐車場のニレの木には、早くもカワラヒワが採食に訪れていました。
全部で9羽。
これから、来月にかけてさらに増えることでしょう。

昭和大池ではカルガモに混じってマガモの姿がありました。
今朝は、雄2羽雌1羽の3羽。
一方、カルガモは前回よりやや増えて84羽でした。

池の辺からジョウビタキの鳴き声が聞こえてきました。
急いで近づくと、2羽の雄が争っていました。
バードリサーチの雌雄調査データ、雄2ゲット。

ジョウビタキの近くではキジバトがモッコクの実を食べていました。
全部で3羽です。
モッコクの実も今年は当たり年のようです。
キジバト _1112.jpg
(モッコクの実を食べるキジバト 撮影:Oさん)

博物館の屋根からハクセキレイの鋭い声がきこえてきました。
一方、広場の芝生でもハクセキレイが時おりチュビアと鳴いています。
縄張り争いのようです。
ハクセキレイ_1112.jpg
(芝生で採食中のハクセキレイ 撮影:Oさん)

天気が良いものの、雨上がりのせいでしょうか。
今ひとつ期待したほど鳥を観察できません。
カワセミやカワウの姿も今朝はありません。
シジュウカラは2群6羽だけでした。

アオジは鳴きながら上空を飛ぶだけ。
シメも2羽が上空を通過しただけです。

出だしは良かったのに、少し物足りない朝でした。

今朝の参加者 5名、記録種:21種、記録個体数:185羽
次回は11月19日6時45分からです。担当:平野


posted by バードリサーチ at 19:08| みにクル報告(宇都宮) | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

ヨーロッパ産スズメ目の識別ガイド(文一総合出版)

Birder編集部より表記書籍をご寄贈いただきました。ありがとうございました。

ヨーロッパ産スズメ目の識別ガイドLars Svensson 著 村田 健 訳
発行:文一総合出版
定価:4,600円+税  ISBN: 978-4-8299-1192-1

doc20111110084834_001.jpg

これまでバンダーの必携の本だったスベンソンのガイドの日本語訳がでました。
スズメ目の種・性・齢の識別が細かく解説されています。
バンダーはもちろん,羽根に興味のある人には,とても参考になる本だと思います。
最近はカメラが高性能になって,撮影画像から羽の一枚一枚も見えるようになっていますので,写真とこの本を見比べても楽しいかもしれませんね。

ちょっとお値段がするのが残念なところですが,この情報量や専門家向けの内容で販売部数を期待できないことからするとしかたがないのかな?
posted by バードリサーチ at 14:37| 書籍紹介 | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

【みにクル】狭山丘陵公園調査11月(守屋)

なんだか11月にしては暖かいですよね。

狭山公園内は11月になって種数・個体数とも増えました。ヒヨドリの声が増したように思います。ただ、ツグミとかアオジとか冬鳥が少ない印象でした。ジョウビタキは1回、シロハラは見なかったですし、湖にはユリカモメがいなかったですね。
気温が高いせいなんでしょうか?山の方は今年は豊作?

◯2009,2010,2011の各年の11月の観察List 赤マスが確認。
table_Nov2009-2011sp.jpg

◯種数グラフ
2011Nov-Sp.jpg

◯個体数グラフ
2011Nov-No.jpg

多摩湖に相変わらずカモはほとんどいませんでしたが、カンムリカイツブリは40羽近くいました。オオバンも久しぶりに確認。オオタカも久しぶりに見ました。
翌々日に、隣の狭山湖に行くとヨシガモがいました。この違いはいったいなんでしょうかね?

◯多摩湖の種数と個体数
2011Nov-Lake.jpg


12月は3日6:30となります。
冬になると観察できる鳥も増えるので、ご参加お待ちしてます。
http://www.bird-research.jp/1_minikuru/index.html
posted by バードリサーチ at 15:21| みにクル報告(狭山) | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。